トップページ

2014年2月10日 (月)

白髪の原因白髪の改善と栄養や食事の対策

そもそも白髪の原因ははっきりしません。

白髪原因減らす方法のサイトを見ても、やっぱりはっきりしません。

でも今は、こんなことがいわれます。

☆遺伝解明されていない部分が多いのですが、遺伝的な原因で白髪になることがあります。白髪になりやすい、なりにくいなど、人によって遺伝的な要素を持っているといわれています。

☆病気マラリアや胃腸疾患、甲状腺異常、貧血症などの病気により、白髪が増えることがあります。また、白斑などができると、その部分が白髪になることもあります。

☆栄養不足ビタミン・ミネラル・良質のタンパク質が不足し、内臓の働きが衰え、血流量が減ることで、白髪になることがあります。

☆ストレス、精神的なもの苦労すると白髪が増える、という話をよく聞かれると思います。ストレスと髪の毛の関係はとても深く、身体にストレスがかかると、毛細血管が収縮してしまうため、毛母細胞の働きを弱める原因になります。

実際に一晩にして真っ白になる」という現象をみたことがあります。黒い髪だって、ショックで突然白くなるんですね。白髪の有効な対策は、原因がはっきりしないので、難しいのですが、せめて食事や栄養分と、毛染めの質にはこだわってもいいように思います。

毛細血管や神経がある毛乳頭のまわりには、毛母細胞があります。毛母細胞の間には、髪の色を作るメラニン色素を生成するメラノサイト(色素形成細胞)があり、そこでメラニン色素を生成、コルテックスに行き渡り、髪に色をつけます。メラノサイトが徐々に減少、それに比例してメラニン色素も減少します。その結果、髪の色素が薄くなり、白髪になるのです。

これは、加齢とコラーゲンの話に似ています。コラーゲン直接というか、コラーゲンを作るペプチドをたくさん取るといいのですが、髪の毛も同じことが言えるようです。

トップページ

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白髪の原因白髪の改善と栄養や食事の対策:

トップページ

無料ブログはココログ